勾玉作り

11月17日  ピンク色の勾玉


今日は相模原の旧石器ハテナ館
(史跡田名向原遺跡旧石器時代学習館)にて
勾玉(まがたま)作りを体験してきました。


四角い石におおまかな形を描いて
b0304598_18535952.jpg



いらん所をノコギリで切り取り
b0304598_18541658.jpg



ヤスリで大まかな形に。
角ばったところをヤスリで削っていく。
b0304598_18545813.jpg

この右側に石を削って出た粉がある。とても目が細かくてサラサラ。昔のベビーパウダーにこの粉が使われていたと指導員さんにききましたよ。



荒目紙ヤスリで表面をきれいにし、耐水紙ヤスリで水を
つけながらさらにきれいにする。

最後につるぴかシートで光沢を出す!

b0304598_1855359.jpg


初めてのまが玉工作。
楽しくできました。



うふふっ☆


かわいいわっ♪



☆ちょこっと勾玉のこと☆

b0304598_211444.jpg


◎形・・・魂、おなかの中の赤ちゃん、動物の牙など色々ないわれがある。

◎何のため?・・・アクセサリー、または魔よけの意味で実に着けていたのかもしれない。



今日使った石は紅滑石と言う世界一柔らかい石で作ったので
すぐ削れ、約2時間で完成しましたが

昔はメノウなど硬い石をヤスリもなく作ったのでしょうから
えらい時間がかかったのでしょうねぇ。


すごいなぁ、昔の人。

by gorohokuromato | 2013-11-17 18:59 | 工作